起点としての80年代

2018年7月7日(土) -
2018年10月21日(日)

森村泰昌 《肖像(ゴッホ)》 1985
©MORIMURA Yasumasa

インフォメーション

期間:
2018年7月7日(土) 〜2018年10月21日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館
展示室1-6、13
休場日:
月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日、9月24日、10月8日は開場)、7月17日(火)、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)
料金:
■ 本展観覧券
一般=1,000円(800円)
大学生=800円(600円)
小中高生=400円(300円)
65歳以上の方=800円

■ 共通観覧券
「アイ・チョー・クリスティン」展との共通観覧券
(7月7日〜8月19日)
「チウ・ジージエ 世界の写像」展との共通観覧券
(9月8日〜10月21日)
一般=1,700円(1,400円)
大学生=1,400円(1,100円)
小中高生=700円(600円)
65歳以上の方=1,400円

※( )内は団体料金(20名以上)及び前売りチケット料金
※前売りチケットの発売日は未定です
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

80年代の日本美術とは何だったのか
1980年代には今日の美術に直接つながるいくつもの重要な動 向が生まれました。インスタレーションという形式、作品制作への参加や社会との関係への意識、オルタナティブ・スペース、 メディア・アート、「美術」という制度を相対化する視点、日常性や軽やかさを大切にする感性などです。この時代のサブカルチャーも90年代以降の美術に大きな影響を与えています。本展では今日のアートシーンの起点を狭義の「美術」に探り、80年代の日本の美術を再検証します。

関連プログラム

アーティスト・トーク:今村源、中原浩大、松井智惠

本展にて再作成、再展示していただく3名の作家によるアーティスト・トークを行います。80年代の美術シーンに詳しい島館長がモデレーターをつとめます。

モデレーター:島敦彦(金沢21世紀美術館 館長)
日時:2018年7月7日(土) 14:00〜16:00
場所:金沢21世紀美術館 レクチャーホール
料金:無料
定員:70名
申し込み方法:ウェブサイトにて6月23日(土) 10:00より申込受付開始(先着順)

※都合により、プログラムの内容を変更する場合がございます。

出品作家(予定)

石原友明 / 今村源 / 大竹伸朗 / 岡崎乾二郎 / 川俣正 / 諏訪直樹 / 杉山知子 / 辰野登恵子 / 戸谷成雄 / 中村一美 / 中原浩大 / 日比野克彦 / 舟越桂 / 藤本由紀夫 / 松井智惠 / 宮島達男 / 森村泰昌 / 横尾忠則 / 吉澤美香

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]