橋本雅也 間(あわい)なるもの

2014年5月24日(土) -
2014年8月31日(日)

《ゲッカビジン》 2010
鹿角、鹿の骨
ロンドンギャラリー蔵

インフォメーション

期間:
2014年5月24日(土) 〜2014年8月31日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:
金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
休場日:
月曜日(ただし、7月21日、8月11日は開場)、7月22日
料金:
入場無料
お問い合わせ:
金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

概要

「橋本雅也 間(あわい)なるもの」では代表的なふたつのシリーズを紹介する。
ひとつは花のシリーズである。鹿の骨と角から生まれた彫刻で、誕生は一頭の鹿の死から始まる。橋本は猟師に同行し、冬山で一頭の鹿の死に立ち会う。鹿は、骨、肉、皮となって、橋本の元に残った。白い花を彫り、スイセン、さくらなどの作品となった。2010年の作である。
もうひとつは橋本自身が断髪した髪をモチーフにして制作した髪飾りの作品である。自身の存在論的問いかけが髪を仲介して作品となった。大きくても15,6センチほどのサイズで、水牛の角と漆で出来ている黒くつややかな作品である。2009年の制作である。

関連プログラム

アーティスト・トーク
出演:橋本雅也(進行:秋元雄史)
日時:5月24日(土)14:00〜15:30
定員:60名 ※事前申込制

作家プロフィール

橋本雅也(はしもと・まさや)

1978年岐阜県高山市生まれ。独学で彫刻の技術を習得し、制作を続ける。主な個展に2009年「Bouef」(Silke &The Gallery, ベルギー)、2012年「殻のない種」(ロンドンギャラリー)、グループ展に2012年「古代礼賛、中世礼賛」展(正木美術館)、2013年「メメントモリ―愛と死を見つめて―」(ロンドンギャラリー)、「第2回 金沢・世界工芸トリエンナーレ 工芸におけるリージョナルなもの」(金沢21世紀美術館)、「Taiwan・Japan-Contemporary Craft and Design/Craft in Flux 2nd International Triennale of Kougei in Kanazawa Exchange Exhibition in Taiwan」(国立台湾工芸研究所 台湾)

Images

    《セイヨウバラ、カタバミ、イワガネゼンマイ、ヒメヤブラン、イワタバコ、ムクゲ、ヒルガオ、ツキミソウ、アイビー.ヘデラ》 2010
    鹿角、鹿の骨
    金沢21世紀美術館蔵
    写真: 渞忠之

    《タイハイスイセン》 2010
    鹿角、鹿の骨
    個人蔵
    写真: 渞忠之

    《無題》 2009
    水牛の角、漆
    個人蔵

主催/ほか

主催:
金沢21世紀美術館 [公益財団法人金沢芸術創造財団]
協力:
ロンドンギャラリー